• 坐骨神経痛について
  • 膝の痛みと予防法
  • 肩こりと枕の深い関係
  • 頭痛について
  • 花粉症(アレルギー性鼻炎)
  • 円形脱毛症と鍼灸治療
  • 生理痛と鍼灸治療
  • 小児鍼とは?
  • 不眠症の原因を探ろう

ホームページ特典

初診料割引

往診

交通事故

歩こう会

2017年8月 カレンダー

カレンダー

は休診日です。
■は午後より休診です。
は往診です。
は歩こう会の日です。
今回の歩こう会は17日(月・祝)大阪・箕面の滝に行きます。
歩こう会参加ご希望の方はお気軽に当院までご連絡下さい。

ブログ

過去のブログ(2011まで)


お料理レシピ

  • 長野式鍼灸とは?
  • 活法(かっぽう)とは?
  • 鍼灸が初めての患者さんへ
  • サイトウ鍼灸院のご紹介

地図

 

当鍼灸院は京都市右京区太秦にあり、東洋医学の鍼灸治療で腰痛や肩こり坐骨神経痛はもちろん、女性、男性の円形脱毛症(十円ハゲ)でお悩みの方に対しても鍼灸を施すことで発毛の結果を得ております。女性特有の症状(生理痛・不妊・冷え性・逆子)のご相談も女性鍼灸師がいますので、ご希望がございましたら対応させていただきます。尚、ギックリ腰・坐骨神経痛なでどうしても身体が自由に動かせずお困りの時や、身体の自由が利かないなどの理由で来院頂けない方には院長が車で往診(ご自宅訪問)も行っています。
右京区太秦の地元に愛されて35年。鍼灸師として様々な症状を針と灸で治療し、経験を積んでまいりました。お悩みの方に親身にお応えさせていただく朗らか夫婦のアットホームな鍼灸院です。右京区嵯峨、梅津、安井、山ノ内、御室、広沢、西院、宇多野、西京区では嵐山や松尾からもご来院いただいています。
若い先生や他の鍼灸院にない「私たちの経験値」で症状と向き合って改善してまいります。

 

新着情報

【2017.8.01】

8月のカレンダーを更新致しました。
院長のワンポイントアドバイス「輪ゴムを使って」を更新いたしました

★往診について

当院ではギックリ腰などでどうしても身体が自由に動かせずお困りの時や、身体の自由が利かないなどの理由で来院頂けない方には「往診」をおこなっております。※詳細はこちらをご覧ください。

 

【2017.7.01】

院長のワンポイントアドバイス「夏バテ」を更新いたしました

【2017.2.12】

男性の円形脱毛症の症例を追加いたしました。→ 円形脱毛ページ

【2016.9.01】

院長のワンポイントアドバイス「肩こり」を更新いたしました

【2015.6.01】

院長のワンポイントアドバイス「うつ病について」を更新いたしました。

【2015.5.01】

院長のワンポイントアドバイス「通風について」を更新いたしました。

【2015.4.20】

4/19日に東京神田で長野式鍼灸のセミナーを受けました。→ ブログで記述しています。

【2014.9.01】

院長のワンポイントアドバイス「頻尿について」を更新いたしました。

【2013.07.17】

★7月14日、15日と活法の勉強を東京で受講してきました。

【2013.07.01】

院長のワンポイントアドバイス「顎関節症」を更新いたしました。

6月30日にハンマー投げの室伏広治選手のアドバイスをなさった池本敬博先生の運動療法の指導を受けました。
6月23日に松本岐子先生の
東京ジャパンセミナーに出席いたしました。

【2013.5.24】

趣味:ヒロコのお料理レシピに2品案内致しました!
どうぞご活用ください。

 

【2012.12.28】

2013年より「お誕生日優待券」を始めます。
2012年に来院いただいた方が対象でハガキにてお送り致します。
どうぞご活用ください。

【2012.11.01】

院長のワンポイントアドバイス「風邪について」を更新いたしました。
12月8日は長野式のセミナーのため休診します。  

 

【2012.11.01】

院長のワンポイントアドバイス「脊柱管狭窄症について」を更新いたしました。
今回の歩こう会は11/18日、滋賀県近江八幡の津田山から長命寺へです。

 

【2012.05.30】

5月20日に松本岐子先生の長野式セミナーを東京で受講しました。
9月9日に鍼灸師の為の東洋療法研修財団主催の生涯研修会で「ストレスと鍼灸」というテーマで
講演する事になりました。

 

【2012.01.31】

平成24年度 はり、きゅう、マッサージ施術費助成事業申込みを受け付け致します。
詳細はこちらをクリックしてご確認ください。
 

【2011.10.09~10】

東京にて活法(かっぽう)治療のセミナーに参加し勉強して参りました。

 
今月の健康ワンポイントアドバイス

■ 2017年 8 月 「輪ゴムを使って

 

今月は雑学として試してみて頂いたらも良いかなっという輪ゴムを使った治療後のアフターケアのお話です。
当院にお出で頂く患者さんはどちらかというと年配の方が多く、その訴えの中に足が浮腫む(むくむ)と仰る方が案外多くいらっしゃいます。鍼灸の治療では、むくみには、足先のこのツボ(太白)と足首(金門)などのツボに鍼を刺すことにより、むくみを改善さすというように経験的なことを踏まえた治療法ががあります。
これがかなり有効で私も良く使います。もちろん身体全体の調整を図る治療をするのが基本です。治療終了後に、完全に足のむくみが全く消失してすっきりとはいきません。


輪ゴム健康そこで輪ゴムの登場です。輪ゴムを親指と人差指の間にかけて八の字に捻じって足の外側から回して踵にかけます。もう1本は同じく捻じって足の内側から回して踵にかけます。 きゅっと足が引き締まった感じがします。その状態で何度か足踏みをしてもらうと、明らかに何もしてない足とは違った感じで足が軽くなります。
この輪ゴムのケアを家でも2,3分して頂きます。もちろん歩いてもらっても良いですが、普通の計8cm位の輪ゴムは細くて切れないだろうかと不安です。
出来ましたら幅5ミリぐらいで10cmの輪ゴムが売っていますので買って頂いた方が良いかと思います。 普通の輪ゴムは耳の周囲に2重にかけて肩こり解消なんて本も出ていますので参考にされてはと思います。
私は耳に輪ゴムかけて耳全体を引っ張ったり、揉んだりしたら耳鳴りなどの解消にも有効ですよとお勧めしておりますのでお試しください。

 

■院長ワンポイントアドバイスバックナンバー

当院は遠方からの患者様や仕事等の都合で来院が遅くなる方に対して、予めお電話いただくことで20時30分まで予約を受け付けしています。
また、当院は京福電車太秦駅、帷子ノ辻駅から近くの大映通りに位置していますが、お車でのご来院の際は駐車場完備で通いやすい環境です。交通事故やリハビリの際もご利用ください。

サイトウ鍼灸院院長の斉藤誠治です。
(鍼灸師 ・ 柔道整復師)

 


当院ではギックリ腰や坐骨神経痛などでどうしても身体が自由に動かせずお困りの時や、身体の自由が利かないなどの理由で来院頂けない方には京都市内を中心に往診(ご自宅訪問)を行っています。

往診の時間は当院の昼休み時間帯の概ね2時から3時頃の間、 往診日としております水曜日、土曜日の午後の時間帯となります。

 

詳細はこちらからどうぞ。

車椅子用の方もどうぞ

京都市右京区太秦の鍼灸院として35年。
花粉症(アレルギー性鼻炎)、めまい、女性に多い円形脱毛症(十円ハゲ・薄毛)、ストレスといった症状に対する施術や腰痛・肩こり坐骨神経痛といった症状と小児への鍼灸治療に取り組んでおります。

夫婦そろって治療にあたりますので、初めて鍼灸治療受ける方、女性の方も安心して治療を受けていただける環境づくりに努めております。親切・丁寧を信条に、清潔で安心施術の朗らか夫婦の鍼灸院です。車椅子の方の入口も完備しておりますのでご質問などございましたらお気軽にご連絡くださいね!