• 坐骨神経痛について
  • 膝の痛みと予防法
  • 肩こりと枕の深い関係
  • 頭痛について
  • 花粉症(アレルギー性鼻炎)
  • 円形脱毛症と鍼灸治療
  • 生理痛と鍼灸治療
  • 小児鍼とは?
  • 痛風と鍼灸
  • 不眠症の原因を探ろう
  • 往診について

ホームページ特典

初診料割引

往診

交通事故

ホーム > 痛風と鍼灸治療

痛風

 

このページを拝見されているということは「痛風」でお困りでたどりつかれたと思います。
痛風の患者数は、今や100万人以上とも言われていますが、そもそも痛風とはどのような症状なのでしょうか。

痛風とは、尿酸物質が関節の中で固まって結晶になることで起こる、関節炎を主な症状とする疾患です。前兆もなく突然、足の指の付け根近辺(手指、アキレス腱)に激痛が走る、当事者にはたまらない症状です。
これらは主に体内にたまった「尿酸」が引き起こすとされ発症すると2~3日はまったく歩けなくなるほどですが7~10日で軽快し、しばらくすると症状がなくなります。
私たちの身体に中にはプリン体という物質が存在します。プリン体は遺伝子にも含まれているエネルギー源です。このプリン体が代謝されると最終的には尿酸という物質になるので、全ての人の血液には一定量の尿酸が含まれています。
尿酸が結晶化するのは血清尿酸値が溶解度7.0mg/dlを超える場合で「高尿酸血症」と呼びます。



実は私(院長)も平成28年に痛風を発祥し、現在も毎朝一錠ザイロリック服用しています。
今から3年半前(平成27年)にベトナム旅行に行かせて頂きました。旅行の楽しみは景色と食事、毎日ごちそうを食べ、ビールも普段より沢山飲み過ぎました。
旅先の4日目ぐらいから左足の親指周囲が何故か痛みだしました。そういう症状は初めての経験なので靴が履きなれていなくて硬いせいかな?と思っていました。
しかし日本に帰ってきたら、ますます親指周囲だけでなく甲のあたりまで、明らかに腫れているではありませんか。これは痛風?とネットや本でいろいろ調べると精密な検査を受けるまでもなく、ネット上の写真と同じで間違いないと確信しました。

 

痛風


ズキズキするような痛みが指を折り曲げたりすると腫れた部分を中心に来ますし、歩行も地に足を付けると、やはりズキズキと痛みます。「痛風になってしもた!!!!!」
1錠だけロキソニンを服用すると、8時間くらいは痛みがおさまります。
昨年年末の献血時の尿酸値も正常だったのに、何故???
原因は自分の分析ではベトナムの暑さの中で水分補給が足りなかった上にビール(水分補給にはならない)を飲み過ぎて急激に尿酸値が上がった結果に他ならないと思います。
以前から前兆みたいなものはたまにあった気がする、こういう腫れて疼くと言う症状は初めてで自分は体重も肥満で無くなったし、尿酸値も低いので痛風は今後、無縁でなかろうかと過信があったなぁ…と大反省です。
ご存知のようにこの痛風という病気は尿酸値の高い人に多く、肥満で美食で昔は贅沢病と言われていたようです。しかし、近年では若年化しているようで40代以上の男性の発症者が多く、肉類やビールの飲み過ぎでプリン体が増えて結果的に尿酸値が高くなるという仕組みです。
また、決してビールや食事に気をつけていても体質でなってしまう方もおられます。男性が圧倒的に多いという理由は、もともと女性の方が男性よりも血液中の尿酸の濃度が低い点と女性ホルモンの分泌が影響しているという理由です。
痛みと腫れで日常生活や仕事に支障が出るだけでなく、この病気の怖いのは心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすリスクが高まることです。何度も痛風発作を繰り返す人は尚更です。

~ 当院は 痛風の痛みを和らげる、鍼灸治療を行っています ~

 

初めての場合の多くの場合、お医者さん(病院)へ直ぐに駆け込むことになりますが、何とか歩ける方や何度も繰り返す方は、一度鍼灸治療を試みませんか?


私自身も発作時に左足の親指周囲の1番腫れている部分の周囲に数本の針を打ち
12,3分置針してから極小さな灸を2,3回すると痛みが半減しました。
もちろん痛風は尿酸が上手く排出されずになる病気なので全身治療をしないといけない訳ですが、取りあえずの痛みは軽減できますので鍼灸治療にも注目してみてください。
私の発作時には試す事ができませんでしたが、後に色々と文献を探ると痛風に有効な鍼灸治療を先人が見つけておられます。
そういう治療を試みて痛みによるストレスの少ない生活を送れるようにお力添えが出来たらと思っています。
痛風で歩くのが困難、痛みが引かない、という方はどうぞ何なりとご相談ください。


当院では痛風で移動が困難な方に対し
「往診」でお伺いさせていただくことも可能です。

 

急な痛風・ぎっくり腰で身動きが取りにくい方、また交通面で不便な方は院長が直ギックリ腰往診接往診させていただいています。お時間・場所などご相談ください。
往診地域は右京区太秦を中心に行っています。→ 往診について
まずはお気軽に(075-864-6663)までお電話ください。