• 坐骨神経痛について
  • 膝の痛みと予防法
  • 肩こりと枕の深い関係
  • 頭痛について
  • 花粉症(アレルギー性鼻炎)
  • 円形脱毛症と鍼灸治療
  • 生理痛と鍼灸治療
  • 美容針について
  • 不妊治療と鍼灸
  • 小児鍼とは?
  • 痛風と鍼灸
  • 不眠症の原因を探ろう
  • 往診について

ホームページ特典

初診料割引

往診

交通事故

ホーム >不妊治療と鍼灸

不妊治療と鍼灸について

不妊治療に鍼灸を

 

男性・女性の不妊治療と鍼灸について


妊娠をご希望する方で、なかなか子どもを授かることがないとお悩みの場合も鍼灸が役に立つことをご存じでしょうか。不妊については男性、女性のいずれか、またはともに原因がありますが、最近は女性の方から不妊治療や鍼灸のお問い合わせを受ける機会が増えてきました。
産婦人科と並行して鍼灸治療を受けると、相乗効果で妊娠の確率が大幅に高まる事も最近の研究結果で分かっています。


「 子供がなかなか授からない 」「身体が冷えているのも原因?」
「 病院で何回も受精したけど、結果が出ない 」
「 何が原因で子供が授からないのか、さっぱり分からない 」
など、


産婦人科に通われながら鍼灸を試されたり、身体を冷やさないように常に注意されたり、先の見えない不安な心、年齢的なもの、またお金、仕事等、様々な問題で悩まれています。
妊娠にとって「今の時間を有効に使う」ことが、とても大切だと思います。当院は長野式鍼灸にて効果的な生殖補助を行い、女性であればお腹周辺の関元(カンゲン)、中極(チュウキョウ)等のツボを刺激し、身体を温め血流をよくするといった効果を鍼灸で働きかけ致します。
男性の不妊治療の場合、背中を中心にジリョウ等のツボ、仙骨周辺へ治療を行います。
他の症状でも同様ですが、女性の全身のめぐりを整えて自然治癒力を高め、ご自身のバランスを整え、血液の流れや東洋医学的観点から妊娠のしやすい環境を整えるという考えです。ホルモンバランス、卵巣、子宮、排卵などの働きを取り戻し妊娠しやすい身体を目標に対応致します。これらのバランスを整えることによって、月1回の排卵がきちんと行われるようになり自然・人工授精を行う人にも効果がさらに上がると言われています。

 

不妊鍼灸治療の料金

 

治療時間

女性・男性ともに所要時間は 1時間~です。

 

 

不妊治療を受けようとお考えの方へ

当院の不妊鍼灸では患者様の症状に併せて身体全身を施術することがあります。
心身ともにリラックスできる心地よい鍼灸治療を心がけて対応させていただきます。また、当院では女性鍼灸師も在籍しています。基本的には院長が対応させていただいていますが、ご希望の方は仰ってください。
※不妊治療に限らず、特性上すぐに効果を得られるものではありません。
鍼灸治療にて心身の安定や、生殖器の機能も向上させ、体質改善に努めます。
週に1回程度、半年程度の通院が理想とされています。

 

 

▼不妊治療の患者様のお声を紹介致します。

2022年1月更新

1.妊活中で鍼灸がよいと聞いてご来院 中京区 主婦 30代

初めは東洋医学(鍼灸)は何か知らなかったのですが、なかなか着床せずに色々と調べられ「鍼灸も効果がある」と、まずは試してみようという気持でご来院いただきました。
3ヶ月間、週に1回のペースで通っていただく間に、無事着床され、ご本人様も大変喜んでいただけました。今現在、妊娠9か月目を迎えることができています。当院の鍼灸治療が女性ご自身の心身面のバランスを整え、妊娠のしやすい環境作りの助けになれば非常に嬉しく思います。