• 坐骨神経痛について
  • 膝の痛みと予防法
  • 肩こりと枕の深い関係
  • 頭痛について
  • 花粉症(アレルギー性鼻炎)
  • 円形脱毛症と鍼灸治療
  • 生理痛と鍼灸治療
  • 小児鍼とは?
  • 痛風と鍼灸
  • 不眠症の原因を探ろう
  • 往診について

ホームページ特典

初診料割引

往診

交通事故

ホーム > 健康ワンポイントアドバイス バックナンバー 2019

今月の健康ワンポイントアドバイス

 

2019年2018年2017年2016年2015年2014年2013年
2012年
2011年2010年2009年2008年2007年

 

■ 2019年 1月 「肩こりについて

正月

新年あけましておめでとうございます。


年末の31日に寝違いをして痛くて左右も向けないのでという急患があった。2,3日前から肩こり感があったと言う。
年末の多忙な時期がやっと終わって気が緩んでのことと思われる。
この方の場合、長時間パソコンに向かい合っての仕事は目も疲れるし背中の筋肉、特に広背筋、僧帽筋が張って血行不良に陥って凝りという状態になり、さらに頭を支え首を左右に向ける胸鎖乳突筋がこってしまい寝違い状態になったものだと思われる。
そういう私も年末から急にひどい肩こりに見舞われてしまい、だんだんひどくなり寝違い状態に陥ってしまった。 肩こり
なぜ急に肩が凝ってしまったんだろう?仕事でそんなにパソコンは使わないしと考えた時に姿勢が悪いんだと気づいた。
椅子に座っている姿勢で背中が丸まっていて所謂ニュートラルポジションでないのが大きな原因であると思われる。
椅子に座った時に坐骨が座面に当たる部分よりも前におへそが出ていない姿勢では背中が丸まってしまう。
姿勢の悪さが原因だと気づいた。
もちろん、肩こりは風邪や高血圧、自律神経失調症、頭痛、歯痛でも起こってくることも頭の隅に置いておいてください。
長時間同じ姿勢が続く仕事では肩関節を回したり、肩甲骨を回したり頭を回したりと運動も大切です。仕事や読書など夢中になり過ぎて身体を動かすことに疎かになっていないだろうかと肩のこる前に注意が必要ですね。

でも肩がこり過ぎたら鍼灸が1番効果がある治療法だと断言できますよ、ご相談ください。

 

区切り線

 

 

上部へ