• 坐骨神経痛について
  • 膝の痛みと予防法
  • 肩こりと枕の深い関係
  • 頭痛について
  • 花粉症(アレルギー性鼻炎)
  • 円形脱毛症と鍼灸治療
  • 生理痛と鍼灸治療
  • 美容針について
  • 美容針(初めての方へ)
  • 不妊治療と鍼灸
  • 小児鍼とは?
  • 眼精疲労・視力回復
  • 痛風と鍼灸
  • 不眠症の原因を探ろう
  • 往診について

ホームページ特典

初診料割引

往診

交通事故

ホーム > 健康ワンポイントアドバイス バックナンバー 2024

今月の健康ワンポイントアドバイス

 

2024年2023年2022年2021年
2020年2019年2018年2017年2016年2015年2014年
2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年

 

 

2024年 1月 「入浴の効能

 

新年おめでとうございます。もう令和になって6年目、月日の経つ速さに驚きます。
さて皆さま、お正月いかがお過ごしですか?
今更、風呂の効用なんて言われなくてもと思われるかもしれませんね。私も何処かの温泉施設に行った時などにしかゆっくりとお湯お風呂の効能に浸かってリラックスするということはありませんでした。しかし最近は風呂から出る前に10分間浸かるようにしました。
湯船に首まで浸かった場合にかかる力は約1トンも圧力がかかります。この圧力が全身の70%の血液がたまった下半身の血液を押し戻し心臓の働きを活発にして血液の循環を助けます。腹部にかかる水圧が横隔膜を押し上げて肺の容量を減少させるため、空気を補うために呼吸の回数が増え心肺機能が高まります。そうすると血管が広がり手足から身体全体が温まり新陳代謝を生みだし、副交感神経優位な状態になるのは鍼灸治療も同じです。
寒い冬はお風呂にゆっくりと浸かる時間を大切にしましょう。


上部へ