• 坐骨神経痛について
  • 膝の痛みと予防法
  • 肩こりと枕の深い関係
  • 頭痛について
  • 花粉症(アレルギー性鼻炎)
  • 円形脱毛症と鍼灸治療
  • 生理痛と鍼灸治療
  • 美容針について
  • 美容針(初めての方へ)
  • 不妊治療と鍼灸
  • 小児鍼とは?
  • 痛風と鍼灸
  • 不眠症の原因を探ろう
  • 往診について

ホームページ特典

初診料割引

往診

交通事故

ホーム > 健康ワンポイントアドバイス バックナンバー 2022

今月の健康ワンポイントアドバイス

 

2023年2022年2021年
2020年2019年2018年2017年2016年2015年2014年
2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年

 

■ 2023年 1月 「塩分で太らない

 

新年おめでとうございます。
昨年からずっとダイエットのことばかりを取り上げてきました。正月はのんびりするし、どうしても食べ過ぎてしまいお腹がポコンと出てしまいます…
またまたダイエットの話です。NHKのトリセツショーという番組で目からウロコの興味深い内容があったので取り上げてみました。塩を多く取る人は肥満度が高いということが世界中の研究調査から分かって来ました。塩はカロリー0で炭水化物も0なのに多く摂取すると、食事で摂取した糖質がフルトークス(脂肪を蓄えやすい性質)という糖に変換さ水を飲むダイエットれてしまいます。大昔の人間は大自然の中で時折「干ばつなどの危機」襲われると飲み水を確保できなくなり体内が脱水状態となり血液中の塩分濃度が上がってしまい、危機を感じた体が脂肪を燃やして水分を生みだしてくれて生きる望みをつなげてくれます。
今の私たちの生活を省みると塩分を過剰摂取していて、絶えず身体は干ばつ状態と勘違いして、水分を蓄えようとせっせと脂肪を貯め込んでしまいます。
ではどうすれば良いのでしょうか?
それは水を飲む量を増やすことで肥満が防げます(実際にドイツの小学校でウォーターサーバーを設置し水を摂るように指導した学校としなかった学校では肥満になった生徒が31%も少なかったそうで、それも平均1日コップ一杯分だったそうです。日本人の7割が水分補給不十分だそうです。身体のむくみも塩分の過剰摂取も関係しているので尚更です。今年は安上がりな水分摂取でダイエット!


上部へ